保存治療法

腰痛の治療方法の代表的なものとして、保存療法が挙げられます。

これは「手術を伴わない」ものです。坐骨神経痛、ヘルニア、ぎっくり腰など、あらゆる種類の症状に対して、この治療方法は多く適用されます。

これのいいところは、体への負担が抑えられるということです。どんな病気や症状でもそうですが、手術というのは患者の体に対してかなりの負担がかかるものです。特に患者が高齢であればなおさらです。

そして、腰痛というのは、往々にして高齢の方ほどよくなるものです。そうした場合、できるだけ手術を避けたいというのは、患者さんにとっても治療する側にとっても同じものです。そこで保存療法が多く用いられるものです。

保存療法には色々な種類があります。一番有効なのは「安静にすること」です。これはそのままで、ただ休んでいることになります。

2つ目に挙げられるのは「コルセットなどの装着」です。お仕事などの事情でどうしても安静に出来ない場合は、こうしたコルセットなどを着用して活動することで、だいぶ負担は軽減されます。多くの方は、ずっと安静にしていることは許されないので、この保存療法がよく用いられます。

他にも薬を用いる治療、ブロック注射などさまざまな保存療法があるので、腰痛に悩まれている方は、一度試していただくといいかと思います。

椎間板ヘルニアの手術の種類

椎間板ヘルニアの手術には、様々な種類があります。どれも有効な治療方法ですが、1つずつ解説していきましょう。

まず、レーザー焼灼法というものがあります。これは、医療用レーザーによって、髄核の問題のある部分を焼いて、縮めることで症状を改善するものです。保険が効かないことが多いため、費用が高くなってしまうことがありますが、効果はとても高いです。

また、古くからある椎間板ヘルニアの手術として、Love法(ラブは人名)というものも挙げられます。これは肉眼でヘルニアを確認して、直接摘出するというものです。直接という言葉の響きに、怖さを感じる方もいるかもしれませんが、麻酔も効いていますし、肉眼で確認するからこそ安心という部分も多々あります。これもとても有効な椎間板ヘルニアの手術です。

また、MD法というものもあります。これは肉眼ではなく顕微鏡で患部を見ながら摘出を行う治療方法です。皮を切開する割合が少なく、これもよく用いられています。

そして、MED法というものは、内視鏡と専用器具を用いて、内視鏡の映像を見ながら、摘出を行います。これも内視鏡の発達とともに、広く用いられるようになった術式です。

このように、椎間板ヘルニアの手術には様々なものがあります。医師の方から症状に最適なものを選択してくれますので、まずは一度相談してみるのがいいでしょう。

ストレッチ

運動はあらゆる体の症状に有効ですが、ストレッチも腰痛の対策としてとても有効です。

そもそも私たちがなぜぎっくり腰などの症状になるかというと、筋肉が凝り固まって、柔軟性を失っているからです。こうした筋肉が柔軟になり、多少の負荷に耐えられるようになっていれば、ぎっくり腰などの症状は起こらないのです。

そうした予防的な腰痛の対策として、ストレッチは重要であるわけです。やり方については難しく考える必要はありません。学校の体育の授業などで習った柔軟体操を、思い出した時にやっていくようにしましょう。

やってみるとわかりますが、前屈10秒でも十分きつく、効果があるものです。例えば6種類の柔軟体操をそのように10秒ずつやったとしても、1分しかかかりません。たったの1分の運動で腰痛の対策になると考えると、ストレッチがどれだけ手軽で重要であるか、わかるかと思います。

私達は「運動しなきゃ」と思うだけでなかなか運動しない習性がありますが、運動をするというのは、習慣になっている人間からすると、非常に簡単なことなのです。上に書いたように、本当に短時間で、十分なことが出来るのですから。

要は難しく考える前に、「思い出した時だけ動かす」程度の気持ちでいることです。これはあらゆる健康につながっていくでしょう。